障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

概略

浅草演芸ホール(あさくさえんげいホール、英語:ASAKUSA ENGEI HALL)は、東京都台東区浅草の通称「公園六区」と呼ばれる歓楽街の中心に位置する寄席である。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心に、漫才、手品などの色物芸が多数執り行われている。東洋興業株式会社が経営している。

客席数は1階が239席、2階が101席の計340席と、都内にある寄席の中では最大であり、その他のお笑い専門劇場を含めてもルミネtheよしもと(458席)に次ぐ2番目の規模である。1階は全席椅子席で、テーブルはついてない。2階席にエレベーターはなく、階段でのみ行き来が可能である。
1階には売店があり、酒類も販売している。また自動販売機もある。
楽屋は下手側(客席から見て左側)にある。かつて、メクリが寄席文字(ビラ字)でなく、丸ゴシックを変形させた特殊な字体であった(木戸に書かれた出演者の名前も明朝体で書かれた時期がある。現在はいずれも寄席文字だが、いつ変わったのかは不明)
はとバスなどのツアーのプランに組み込まれることが多く、団体客が多い。また観光地の中心にあり、演芸ホール自体が観光地化していることもあり、寄席の出演者にかかわらず混雑していることが多く、立ち見を強いられることも多い。そのようなことから、落語ファンではない客層が多い寄席ということもあり、客同士がおしゃべりをしたり、携帯電話の着信音がなるなどノイズが多く、他の寄席に比べて騒がしい。このような騒がしさを落語家もマクラなどでネタにすることが多く、もっぱら落語ファンの間で「浅草の客」といえば、ガヤガヤとした落ち着きがない客のことを指す。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

東京都台東区浅草1丁目43−12

電話番号

03-3841-6545

普通大人料金

2800 円

障がい者料金

2300 円

付添人料金

2300 円

割引率(本人 + 付添人)

18 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 2800 x 2 = 5600) ( 2300 + 2300 = 4600) 1000

カテゴリー

割引内容

浅草演芸ホールでは、障がいがある方も気軽にホールに足を運んで、公演を楽しんでいただきたいとの想いから、障害者手帳をお持ちの方を対象に入場料金を割引きしております。
(例:大人2,800円のところ、500円割引で2,300円)
チケット購入の際に、必ずお持ちの手帳をご提示ください。
なお、付添いのお客様は、障害者手帳1冊につき1名様は同じ料金にいたします。
※夜割にも値引きは適用されます。
(18時~大人2,300円のところ、500割引きで1,800円
 19時~大人1,800円のところ、500割引きで1,300円)

地図

plus_codeGoogleマップの番地

PQ7V+97 東京、東京都

更新日時

2018年12月19日(水) 23時25分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

浅草演芸ホール に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。