障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。
普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

開催中!

2018年11月29日 - 2019年3月25日

施設概略

 「桜色」「杜若色」「茜色」-日本の色の名前には、身のまわりにある花や木、景色の名称が多くつけられています。「萌黄色」「瑠璃色」-美しい響きの言葉を耳にすると鮮やかにその色を思い浮かべることができます。日本の伝統色は、季節の移ろいや暮らしの中で見いだされ、古の昔から染色や陶芸、絵画の中に用いられてきました。
 伝統的な技法を今に伝える日本画の画材には、現在も天然の素材が多く使われています。支持体には絹や和紙、絵の具には墨や岩絵具というように。特に岩絵具の素材には鉱物や染料が使われているため、自然界の色そのものが絵の中にあらわれることもあり、日本の風土や日本人の自然観を強く反映しているのが日本画という絵画といえます。
 平松礼二画伯が日本画に惹かれたきっかけも、陶器に描かれた呉須の青色だったそうです。それから岩絵具の宝石のような美しさに魅せられ、日本画家への道を歩むことになったのです。
 このたびの展覧会では、日本画の中で使われる色を取り上げ、四季を彩る和の色の魅力を探ります。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1

電話番号

0465-63-7788

普通大人料金

600 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

600 円

割引率(本人 + 付添人)

50 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 600 x 2 = 1200) ( 0 + 600 = 600) 600

カテゴリー

割引内容

※障がい者手帳をお持ちの方は、ご本人は無料です。


基本情報(障がい者dB内)

#湯河原美術館

地図

plus_code Googleマップで番地と同じように使える

43XC+7C 湯河原町、神奈川県

更新日時

2018年12月04日(火) 16時10分35秒 +0900※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

湯河原美術館 『日本の色・四季の彩』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。