障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

概略

山形新聞グループの総帥として君臨した服部敬雄の提唱によって、民間主体で山形県と山形市が全面的に協力する財団法人による運営によって「公立美術館より一段と幅広い県民の美術館」という理念のもとに財団法人山形美術博物館を設立。 1964年8月、開館した。1971年4月に、県立博物館が霞城公園内に開館したため博物館機能を同館に移管し、その後は美術品の単独館となった。1979年に現館名に改称した。
1985年8月10日には、開館20周年記念事業として本館を取り壊し改築した地下1階、地上3階からなる新館がオープンした。また翌1986年10月には、別館改修工事も完了した。新館建設にあたっては、県および山形市から補助金が拠出されることとなったが、着工直前に服部の一声で全面新築に突如変更された上、補助金についても実質的な審議がなされないままに増額された。また服部存命中は、収蔵品が山形新聞、山形放送、山形グランドホテル(2015年2月、山形新聞グループから離脱)などのいわゆる服部コンツェルン企業に優先的に無償貸し出しされ、美術館の私物化との批判も出た。
山形美術館は、開館時には日本画主体の美術館であったが、1985年の新館オープンの際に荻須高徳の指導によって収集した服部コレクションや吉野石膏からの寄託作品などから、東北有数のフランス近代絵画美術館として広く知られることとなった。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

山形県山形市大手町1−63

電話番号

023-622-3090

普通大人料金

500 円

障がい者料金

250 円

付添人料金

250 円

割引率(本人 + 付添人)

50 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 500 x 2 = 1000) ( 250 + 250 = 500) 500

カテゴリー

割引内容

障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)は半額となります。

地図

plus_codeGoogleマップの番地

784J+9X 山形市、山形県

更新日時

2019年4月5日(金) 16時30分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

山形美術館 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

鉄道

JR東日本 身体 知的

路線バス

山交バス(路線) 身体 精神 知的

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。