障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

概略

伊根湾めぐり遊覧船は、舟屋が立ち並ぶ伊根湾を約25分かけて周遊します。湾を取り囲むようにして建つ舟屋を海上から眺めるのは、陸地からではなかなか味わえない舟屋の風景と趣があります。また、船に群がるカモメにエサをあげるのも、伊根湾めぐりの醍醐味のひとつです。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

京都府与謝郡伊根町日出11

電話番号

0772-32-0009

普通大人料金

680 円

障がい者料金

340 円

付添人料金

340 円

割引率(本人 + 付添人)

50 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 680 x 2 = 1360) ( 340 + 340 = 680) 680

カテゴリー

割引内容


身体障がい者 知的障がい者 精神障がい者
5割引

介護人(介護が必要と認められた場合)
5割引

地図

Images

伊根湾めぐり遊覧船 運賃の障がい者割引_1

伊根観光で外せない遊覧船。宮津市方面から車で伊根に向かうと遊覧船乗り場が見え、丹後海陸交通の職員の方々が駐車場、船着場を案内してくれる。
船に乗り込むと、えびせんを販売しているのに気づく。船の2階展望テラスからカモメに餌をやることが出来るのだ。子供達はそれに夢中。親御さん達は怪我しないかと子供達を見守る。もはや舟屋を観るのを忘れたかのように。
カモメは可愛いが、えびせんを目当てにトンビが寄って来るのだ。眼光鋭く、人間達の手の動きを観察している。

さて、舟屋群だが、今も人々はそれで居住しており、自宅から船に乗って漁に出る。景観の規制もあるのだろう、昭和初期の風情漂う家々が海の美しさに自然に溶け込んでいるかのよう。
遊覧船はおよそ20分。

遊覧船の後、公共駐車場に車を止めて、舟屋の通りを歩こう。舟屋を開放(有料)しているところもあり、舟屋の歴史や漁の話を聞くのも面白い。

更新日時

2019年1月1日(火) 23時24分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

伊根湾めぐり遊覧船 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。