障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。
普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

開催中!

2018年7月12日 - 2019年3月31日

施設概略

 渋沢平九郎(1847~1868)は、渋沢栄一の養子となった人物です。本年は鳥羽伏見の戦いを機に戊辰戦争がはじまってから150年、平九郎没後150年になります。
 平九郎は弘化4年(1847)、武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市)の尾高家に生まれました。慶応3年(1867)、幕臣となっていた栄一は、将軍名代の徳川昭武に随行して渡仏しました。その際、平九郎は栄一の養子となり江戸で幕臣の子としての生活をはじめます。
 翌年には新政府軍が江戸へせまるという事態に直面します。そして平九郎は彰義隊結成に参画し、そこから分離した振武軍に参加して飯能(現・埼玉県飯能市)において新政府軍との戦いに臨みました。
 本展では、20歳で亡くなった平九郎が幕末維新の激動期にどのような決断をして行動したのかを、その想いとともにご紹介いたします。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

東京都北区西ケ原2丁目16−1

電話番号

03-3910-0005

普通大人料金

300 円

障がい者料金

150 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

75 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 300 x 2 = 600) ( 150 + 0 = 150) 450

カテゴリー

割引内容

障害者手帳持参の本人は半額(150円)です。
介助者は障害者1名につき原則1名無料。
※障害者本人の割引は一般のみ。
身体障害者手帳 / 療育手帳(愛の手帳、みどりの手帳等)/ 精神障害者保健福祉手帳が対象。


入館料(障がい者dB内)

#渋沢史料館

地図

plus_code Googleマップで番地と同じように使える

PPXQ+JM 東京、東京都

更新日時

2018年12月10日(月) 10時14分58秒 +0900※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

渋沢史料館 『渋沢平九郎 ―幕末維新、二十歳の決断―』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。