障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

概略

仙台に天文台を建設しようという動きが起こったのは1950年代前半である。1953年(昭和28年)に天文台建設発起人会と天文台建設委員会が立ち上げられ、1954年(昭和29年)に募金活動および建設工事が行われた。そして1955年(昭和30年)、西公園の仙台市公会堂跡地に天文台が開台した。この天文台は翌年、仙台市に寄贈され、仙台市天文台となった[8]。天文台の建設計画には東北大学教授の加藤愛雄が関わっており、加藤は天文台の初代台長となった。この時の仙台市天文台は、当時、日本国内で製造されていた望遠鏡の中では最大のカセグリン式41センチ望遠鏡を備えていた。
仙台市天文台の管理および運営は当初、仙台市の文化観光課が所管するものだったが、1960年(昭和35年)に仙台市教育委員会へ移管された。これ以後、仙台市天文台は天文台実習や天文普及講座を行うなど、教育施設としての役割を担うようになった。1962年(昭和37年)に屋外天球儀の設置、1964年(昭和39年)に展示室の併設、1968年(昭和43年)にプラネタリウムの開館と、天文台施設が次第に拡張されていった。このプラネタリウムは、1967年(昭和42年)に行われた東北大博覧会の展示品の一つで、博覧会終了後に河北新報社から寄付されたものである。その後も、展示室の増設や太陽望遠鏡の導入など、施設の拡充が続いた。
仙台市天文台は、建物の老朽化と耐震性の問題、仙台市地下鉄東西線およびその駅である大町西公園駅の新設、西公園の整備事業などの関係から、移転することになった。移転先は仙台市郊外の錦ケ丘で、旧天文台から西方へ約10キロメートルの位置に当たる。西公園の天文台は2007年(平成19年)11月25日に閉台し、翌2008年(平成20年)7月1日に旧天文台および仙台市泉区のミルポートSにあった「仙台市こども宇宙館」の機能を継承した新しい天文台が開台した。こども宇宙館は1990年(平成2年)7月12日に開館した施設で、プラネタリウムなどを備えていた。
仙台市天文台は小惑星の発見に成果を挙げており、2008年(平成20年)までに21個の小惑星を発見し、いずれも仙台にちなんだ命名を行っている。一例として、1988年(昭和63年)に発見された小惑星の名称は当時の愛子観測所に因む「愛子」である[9]。(小石川正弘参照)

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29−32

電話番号

022-391-1300

普通大人料金

600 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 600 x 2 = 1200) ( 0 + 0 = 0) 1200

カテゴリー

割引内容

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
プラネタリウム・展示室・天体観望会 10割減免
特別展 5割減免
※身体障害者は、原則1級又は2級の認定を受けた者に限り、介護人1名も減免対象

#仙台市天文台

地図

plus_codeGoogleマップの番地

7Q44+Q4 仙台市、宮城県

更新日時

2018年11月16日(金) 16時54分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

仙台市天文台 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。