障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。
普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

この催しは終了しています。

2018年10月27日 - 2018年12月16日

手帳・等級で割引額差あり

この障がい者割引情報は手帳の種類や種別、等級によって差があります。ご注意ください。

施設概略

 佐藤玄々(1888-1963、本名・清蔵、旧号・朝山)は、福島県相馬市出身の彫刻家です。宮彫師の家に生まれ、上京して山崎朝雲に師事。大正初期からは再興日本美術院彫刻部に加わり、平櫛田中、戸張孤雁、中原悌二郎らとともに活躍しました。 
 大正11年には渡仏し、ブールデルの指導の下、西洋彫刻を研究しています。帰国後は、歴史や神話をテーマにした像や、身の回りの蔬菜、小動物に取材した精緻な木彫作品を手がけました。
 佐藤は、我が国の近代化が進む時代に生きた彫刻家です。本展では、西洋彫刻や日本の古美術の影響を受けながら、日本の伝統木彫が近代彫刻として再構成されていく道程をたどります。木彫、ブロンズ、石膏原型、墨画など約100点を公開します。さらに昭和35年に完成した10メートルに及ぶ代表作・三越《天女(まごころ)》を3D撮影し、映像で再現展示いたします。
 県内で初の大規模回顧展となります。天才と呼ばれた稀代の彫刻家の表現世界をお楽しみください。

所在地

福島県福島市森合西養山1番地

電話番号

024-531-5511

普通大人料金

1000 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 1000 x 2 = 2000) ( 0 + 0 = 0) 2000

カテゴリー

割引内容

観覧料の減免
身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(それぞれ第1種または1級の場合は、付き添いの方1名も無料)。


常設展(障がい者dB内)

#福島県立美術館

地図

plus_code Googleマップで番地と同じように使える

QF94+9P 福島市、福島県

更新日時

2018年12月17日(月) 11時55分19秒 +0900※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

福島県立美術館 生誕130年 佐藤玄々展 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。