障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。
普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

在住者のみ

この障がい者割引は市内や区内在住者のみに適用となっています。割引の適用範囲をご確認ください。

施設概略

秋田市大森山公園内に、1973年(昭和48年)に開園した。前身は千秋公園内にあった秋田市児童動物園。約15haの園内で、108種類、615点の動物が飼育されている(2015年2月末時点)。
旭山動物園に代表される「行動展示」を取り入れ、小規模な動物園ながら工夫をこらした展示を行っている。例えば「チンパンジーの森」では高い支柱からロープを渡し、チンパンジーの樹上生活を再現している。また、「アライグマのじゃぶじゃぶテラス」では水場で食べ物を洗う姿が手を伸ばせば届くほどの距離で観察できる。また、「ビーバーのおうち」や「プレーリードッグのお立ち台」など飼育員手作りの展示施設も多く、2007年(平成19年)9月には「わぉ!バルコニー」が完成し、来園者の頭上を走り抜けるワオキツネザルが見られる。
「まんまタイム」と題して、給餌を観察できるイベントが毎日開催されている。ライオンやアムールトラがジャンプして餌の馬肉をとったり、チンパンジーが道具(竹竿)を使ってリンゴを落として取る様子などを観察することができる。給餌する動物や開催時間は、正面ゲート付近の案内板や園のホームページで確認できる。
動物によっては来園者が餌やり体験もできる。サルやラクダなどは毎日、ペンギンとキリンは土曜、日曜、祝日に体験できる。こちらも、餌を与えることができる動物や開催時間は正面ゲート付近の案内板や園のホームページで確認できる。
ミルヴェの愛称は公募により2006年(平成18年)に制定されたもの。開園40周年にあたる2013年(平成25年)3月には、秋田公立美術工芸短期大学の学生によって制作されたロゴマークとマスコットキャラクター「オモリン」が発表された。2015年(平成27年)11月に秋田銀行が命名権を取得し、2016年(平成28年)3月19日より2019年(平成31年)2月28日までの期間で「大森山動物園〜あきぎんオモリンの森〜」の名称が使用される。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

秋田県秋田市浜田字潟端154

電話番号

018-828-5508

普通大人料金

720 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 720 x 2 = 1440) ( 0 + 0 = 0) 1440

カテゴリー

割引内容

無料で入園できる方一覧
秋田市内に住む身体障がい者手帳所持者とその介護者1名 身体障がい者手帳
秋田市内に住む療育手帳所持者とその介護者1名
秋田市内に住む精神障がい者保健福祉手帳所持者とその介護者1名 -割引の記載-

#秋田市大森山動物園

地図

plus_code

M3CG+MG 秋田市、秋田県

更新日時

2018年11月13日 17:20:52※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

秋田市大森山動物園 に関しての情報 -- バリアフリー・手続き・ブログ情報 --

まだ書きこみはありません。

体験談などご利用になった皆様の情報共有をお願い致します。
改善点や不満等もお願いします。