障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。

概略

第一本庁舎は高さ243 mで、完工時にサンシャイン60を抜き、日本一の高さを誇った。その後、日本一の座を横浜ランドマークタワー(1993年完工、296m)に、東京一の座を六本木のミッドタウン・タワー(2007年完工、248m)に譲った。着工から完工当時の東京都知事は鈴木俊一。バブル景気の最中に計画された当時日本一の超高層ビルであり、「バベルの塔」をもじって「バブルの塔」、また投入された税金から「タックス・タワー」と揶揄されることもあるが、反面、東京の観光名所の一つとして、展望室に訪れる人が絶えない。夜間はライトアップされる。
第一本庁舎32階(第二本庁舎4階)には外部委託業者(東京ケータリング、西洋フードシステムズ)2社による職員食堂や売店などがあり、来庁者は誰でもセルフ方式で利用できる。ただし施設の性質上、営業は平日のみである。眺めがよく、値段も手ごろなので人気度は高い。たとえ1階にいなくても自分のいる階からエレベーターで16・25階に上がれば(第二本庁舎は10・17・25階に降りれば4階)32階へのエレベータに乗り継げるのでこの点は便利と言える(地下駐車場へは1階で専用エレベーターを利用する必要がある。また45階展望台へは1階へ戻り、展望室専用エレベーターに乗り換えなければならない)。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

東京都新宿区西新宿2丁目8

電話番号

03-5320-7653(第一本庁舎駐車場)

普通大人料金

2000 円

障がい者料金

0 円

割引率

100 %

障がい者割引額(大人料金との比較)

( 2000) ( 0) 2000

カテゴリー

割引内容

※障害者手帳をお持ちの方は無料です。料金支払口にて手帳をご提示ください。
(対象となる手帳は身体障害者手帳、療育手帳(愛の手帳)及び精神障害者保健福祉手帳となります。)
(運転手ご本人若しくは同乗者が手帳をお持ちの場合に限ります。)



割引率算出は当日上限料金で計算いたしました。また第二本庁舎駐車場もあり、同じく割引が適用されます。
都庁内は、展望室はじめ無料で見学できるところが多いです。お腹が空いたら職員食堂で食事してみたらいかがでしょうか。
編集者

地図

plus_codeGoogleマップの番地

MMQR+VR 東京、東京都

更新日時

2018年10月6日(土) 17時24分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

東京都庁駐車場 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。