障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

この催しは終了しています。

2018年12月7日 - 2019年3月31日

こちらにお探しの情報はありますか?

概略

近年、ますます個性的な演技が光る俳優、浅野忠信自身が描いたドローイング700点を紹介する展覧会です。それらはハードロック的なものから、デッサン、落書き、漫画、アメコミ、抽象など多岐にわたっています。
浅野忠信がドローイングを描き始めたきっかけは、2013年に中国で撮影された映画「羅曼蔕克消亡史」(2016年、中国にて公開)の隔離された長い待ち時間だったと言います。映画の台本やスケジュール表の裏、ホテルのロゴの入ったメモ帳、薬袋などにボールペンで描き初め、現在まで5年間、その数は3634枚という膨大なものになりさらに続いています。一部は本人のSNSでも公開されています。溺れてしまいそうなドローイングの海に浸かり、その中を泳ぐように鑑賞してみる。すると不思議なことに浅野忠信の些細な心の変化や思惑を感じることができる。つまりドローイングというのは、描いた人の思考の軌跡をたどりながら、見る側もそれををたどることが出来る面白さがあります。撮影までの時間を潰すことから始まったドローイングが、頭を切り替える散歩のような役目をもっただろうし、さらにシュールレアリストが美しさを意識しないように考え出したオートマティスム(自動記述)のようにもなっていったに違いない。また、60年代のアンディ・ウォーホルが第一ファクトリーで頭が吹っ飛ぶくらいのサウンドの中で作品を制作していたことをも喚起させる。
確かに浅野忠信は絵を描くプロではない。でも日本屈指の特異な表現者の思考を絵の中に垣間見る時、実は人間がどこにでもいける自由を持っていることに驚かされ、大きな勇気をもらいます。

所在地

東京都渋谷区神宮前3丁目7−6

電話番号

03-3402-3001

普通大人料金

800 円

障がい者料金

500 円

付添人料金

800 円

割引率(本人 + 付添人)

19 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 800 x 2 = 1600) ( 500 + 800 = 1300) 300

カテゴリー

割引内容

一般1000円 学生800円 会員無料(25才以下)
ペア割引:大人2人 1,600円 / 学生2人 1,200円 /
小・中学生 500円 / 70歳以上の方 700円
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳お待ちの方ご本人 500円
小・中学生 300円,介助者(1名様まで)800円


普通大人料金は、大人2人のペア割引料金としています。編集者


基本情報(障がい者dB内)

#ワタリウム美術館

地図

plus_codeGoogleマップの番地

MPC7+78 東京、東京都

更新日時

2019年4月5日(金) 07時03分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

ワタリウム美術館 『TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

鉄道

東京メトロ 身体 知的

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。