障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

概略

 昭和18年の第2次世界大戦中、登呂の水田地帯に軍需工場が建設される事になりました。
その工事中、水田の下1mの採土から多くの木製品が出土し、さらに水田跡と考えられる杭列も発見されました。

 工事にあたっていた鹿島組の小長井鋼太郎氏の考慮から一時的に中田国民学校へ採集遺物は収集されていました。 それを見た在野の考古学者安本博氏は、登呂が弥生農耕集落の遺跡であり、奈良県唐古遺跡に匹敵する大発見であることを、 毎日新聞静岡支局の記者森豊氏にいち早く知らせました。
そして昭和18年7月11日付け毎日新聞で登呂遺跡発見が報じられました。

 新聞の第一報と同時に安本博氏と静岡県から東京の考古学者や文部省へ報告され、帝室博物館(現国立博物館) ・宮内庁・神社庁・文部省・東京の諸大学などから多くの学者が次々に来静しました。
そして東京大学教授の原田淑人博士が静岡県内政部長西井一孝氏に遺跡の重要性、調査の必要性を進言した結果、 県主催の学術的発掘調査が行われました。

 工場建設と並行して実施され、遺跡の一部分のみの調査にとどまる軍事的制約下での発掘には限界がありましたが、 現在博物館に保存されている木製品の多くの資料が当時の出土品であることは、 いかにこの第1次の発掘が貴重なものとなったかを物語っています。
昭和15年におこった静岡大火の復興のために設置された静岡市臨時復興局の阿部喜之丞氏は、登呂を都市計画の根幹とするべく、 遺跡全域の測量を実施しました。これが水田跡を理解するための基礎となっています。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5

電話番号

054-285-0476

普通大人料金

300 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 300 x 2 = 600) ( 0 + 0 = 0) 600

カテゴリー

割引内容

各障害者手帳の交付を受けている方と、その介助者1名も無料です。

地図

plus_codeGoogleマップの番地

XC45+4G 駿河区、静岡県静岡市

更新日時

2019年3月25日(月) 21時54分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

静岡市立登呂博物館 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

路線バス

静鉄バス(路線) 身体 精神 知的

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。