障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。
普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

開催中!

2019年1月16日 - 2019年3月21日

施設概略

 2018年度は本市ゆかりの芸術家・田中一村(たなかいっそん)(本名は孝。1908-1977年)の生誕110年、刑部人(おさかべじん)(1906-1978年)の没後40年という記念の年です。

 日本画家・田中一村は50歳の時、鹿児島県奄美大島に単身で渡り、多くの人たちの心に響く代表作≪不喰芋(くわずいも)と蘇鐵(そてつ)≫をはじめとし、奄美の自然を静謐に描いた画家として知られていますが、青年時代には趙之謙(ちょうしけん)や呉昌碩(ごしょうせき)など中国の画家に倣(なら)った作品を数多く描きました。それらの作品は人気を博し、頒布会が開かれ、進むべき将来は希望に満ちていたのではないでしょうか。しかし、日中関係が悪化するとその需要はなくなります。そのような中、田中は自分自身を見つめ「何かに倣った作品との決別」を決意しました。しかし、そうした希望には「支援者の支持を得られない」という苦悩もありました。

 一方、洋画家・刑部人は東京美術学校(現在の東京藝術大学)在学中に第9回帝展で≪友人の肖像≫が初入選し、希望に満ちた画家生活を歩み始めました。しかし、1920年代のパリで新しい芸術を学んだ画家たちが帰国し活躍する中で、刑部は師の和田英作から「これからの時代は個性的な絵を描かなければ帝展入選も危なくなる」と言われ、一時期スランプに陥りました。

 希望の中には苦悩があり、苦悩の中にも希望があります。この二人の画家たちはその間を行き来し、模索を繰り返しながら歩みを進めたのではないでしょうか。本展は、収蔵品を中心に田中一村と刑部人の作品約50点を展覧し、決して平坦でなかった画家たちの道を振り返ります。

割引サービス・料金掲載へのリンク~関連情報~

所在地

栃木県栃木市万町3-23

電話番号

0282-20-8228

普通大人料金

500 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 500 x 2 = 1000) ( 0 + 0 = 0) 1000

カテゴリー

割引内容

*身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料

#とちぎ蔵の街美術館

地図

plus_code Googleマップで番地と同じように使える

9PJM+99 栃木市、栃木県

更新日時

2019年03月16日(土) 08時42分43秒 +0900※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

とちぎ蔵の街美術館 『田中一村と刑部人』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

鉄道

東武鉄道 身体 知的 JR東日本 身体 知的