障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

この催しは終了しています。

2019年4月27日 - 2019年7月7日

こちらにお探しの情報はありますか?

概略

 「大化の改新」以前には、「県(あがた)」という地方の単位があったとされます。 「記紀」や「風土記」の伝承では、天皇の直轄地の首長、国造(くにのみやつこ)の下の地域首長として 「県主(あがたぬし)」が表現されています。大阪府内では、摂津の高槻市・茨木市に三島県主(みしまのあがたぬし)、 河内の八尾市に三野県主(みののあがたぬし)、柏原市に大県主(おおのあがたぬし)、藤井寺市に志貴県主(しきのあがたぬし)、 富田林市に紺口県主(こむくのあがたぬし)、和泉(当時は河内)の国に茅渟県主(ちぬのあがたぬし)の6首長が知られています。 その役割については、地方の首長で、神の霊をとどめ、託宣を聞くなど宗教的な性格を帯び、祭祀にかかわったことなども文献からは窺われます。
 今回の企画展では、現在の南河内付近を治めたとされる「紺口県主」の領域と考えられる地域を取り上げます。なかでも、古くからその関わりが指摘されている、 河南町西部、千早川西側の丘陵上に位置する寛弘寺古墳群を取り上げ、周辺の古墳などとの比較から、古墳時代の地域首長の姿を考えてみたいと思います。 これまで考古学的な資料が蓄積されながら、あまり検討の進んでこなかった寛弘寺古墳群は、 4世紀から7世紀後半にかけて地域首長層によって造られたと考えられています。 この展示では、古墳から出土した考古資料を通して寛弘寺古墳群を中心として南河内地域の歴史や「県主」について考えたいと思います。

所在地

大阪府南河内郡河南町東山299

電話番号

0721-93-8321

普通大人料金

430 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 430 x 2 = 860) ( 0 + 0 = 0) 860

カテゴリー

割引内容

障がい者手帳をお持ちの方【介助者1名含む】無料

地図

plus_codeGoogleマップの番地

GJ3V+7G 河南町、大阪府

更新日時

2019年7月10日(水) 07時06分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

大阪府立近つ飛鳥博物館 『寛弘寺古墳群と紺口県主』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

鉄道

近畿日本鉄道 身体 知的

路線バス

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。