障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

この催しは終了しています。

2019年4月27日 - 2019年6月2日

こちらにお探しの情報はありますか?

概略

 明治元年(1868)に発布された神仏分離令は、全国で仏像や神像の安置場所の変更や、廃仏毀釈と呼ばれる仏教関係資料の破壊や散逸につながる大きな混乱を生じさせました。その後明治21年(1888)の臨時全国宝物取調局による寺社の宝物鑑査、明治30年(1897)の古社寺保存法の施行と国宝指定により、「歴史の証徴」「美術の模範」として保護を行う制度がかたち作られました。近代の訪れは、仏像や神像に、歴史と美術という新たなまなざしをもたらしたのです。

 そうしたまなざしの転換を経て、なお、それでも仏像や神像は、寺院や神社、そして地域住民の尽力によって、信仰の対象として、また心の拠り所として、大切に守り伝えられています。しかし近年、過疎化や高齢化などの要因により寺社の維持が難しくなっている地域が増え、仏像の盗難被害の増加という危機にも直面しており、これからの継承への対策が急務となっています。

 この特別展では人々を惹きつける魅力に満ちあふれた、和歌山の仏像や神像の数々をご紹介します。改正文化財保護法の施行、そして改元という転換期にあたり、守り伝えてきた人々のいとなみに思いを馳せながら、仏像と神像をさらなる未来へと継承していくための、これからのまなざしを考える機会となりましたら幸いです。

所在地

和歌山県和歌山市吹上1丁目4−14

電話番号

073-436-8670

普通大人料金

510 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 510 x 2 = 1020) ( 0 + 0 = 0) 1020

カテゴリー

割引内容

障害者手帳の交付を受けてる方(同伴者を含む)は無料。

#和歌山県立博物館

地図

plus_codeGoogleマップの番地

65FC+RM 和歌山市、和歌山県

更新日時

2019年6月5日(水) 07時05分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

和歌山県立博物館 『仏像と神像へのまなざし』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

鉄道

JR西日本 身体 知的
南海電気鉄道 身体 知的

路線バス

和歌山バス(路線) 身体 精神 知的

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。