障がい者手帳を見せることで受けられる障害者割引・減免内容です。普通大人2名と、障がい者+付添人の2名との比較で割引率を算出しています。

この催しは終了しています。

2019年5月22日 - 2019年7月7日

概略

天地自然とその創造にかかわる超越者/造物者との交感を絵画に表現した東西ふたりの画家、高島北海とアルファンス・ミュシャ。アール・ヌーヴォーというキーワードでもつながる、壮大な世界観・宇宙観のもとに生きた作家たちを中心に、19世紀から20世紀への移行期の美術を紹介します。
高島北海(1850~1931)は、山口県萩市に生まれ、工部省、農商務省の技術官僚として従事し、フランス・ナンシーの森林学校へ留学の際には、エミール・ガレと交友があり、大きな影響を与えました。退職後は、画業に専念し、学んできた自然科学に基づいて植物や山岳風景などを描きました。
アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)は、曲線を多用した大胆な構図と鮮やかな色彩で描かれたポスターで一躍有名となります。その構成のなかでも、自然からインスピレーションを受けた植物模様や幾何学模様といった装飾表現に、彼の鋭い観察力とあふれる想像力が見られます。

所在地

山口県下関市長府黒門東町1−1

電話番号

083-245-4131

普通大人料金

200 円

障がい者料金

0 円

付添人料金

0 円

割引率(本人 + 付添人)

100 %

障がい者割引額(本人 + 付添人)

( 200 x 2 = 400) ( 0 + 0 = 0) 400

カテゴリー

割引内容

所蔵品展・特別展ともに観覧料が免除(無料)となる方
療育手帳の交付を受けている方、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方
-> ご本人と付き添いの方1名

身体障がい者手帳の交付を受けている方
-> ご本人 + 障がいの程度が1級から4級までの方は、ご本人と付き添いの方1名


#下関市立美術館

地図

plus_codeGoogleマップの番地

XXQR+V8 下関市、山口県

更新日時

2019年7月9日(火) 07時10分※書き込みがあれば更新されます。

表示アイコンについて

ホームページへのリンク
料金または障害者割引の記載ページへのリンク
--障がい者割引額--
普通大人 | 障害者手帳保持者 | 付添人

注意

・手帳(身体障害者,療育, 精神障害者保健福祉etc)や等級によって割引額が異なるケースがある場合は割引率の算出条件を割引内容に記載します。
・営業時間・休業日(臨時休業含む)・詳細なバリアフリー情報と手帳別等級別料金はお手数ですが、情報元のサイトにて確認を行って下さい。
・コメント欄について、書き込みされる内容はこのページにて一般公開されます。書き込みの際は、個人情報等が含まれていないことをご確認ください。なお、投稿後に訂正や各種依頼がありましたらこのページに関するご意見・ご要望のフォームにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。

コメント欄

下関市立美術館 『自然と象徴』 に関しての情報 -- 体験談、割引内容、問題点、疑問点 --

まだ書きこみはありません。

匿名で記入できます。ご自由に書いてください。

路線バス

サンデン交通(路線) 身体 精神 知的

タイムマシーンがあったら、障がいという殻に閉じこもった中学生の自分に届けたい。

生きるヒントが詰まっており、時々読み返したい一冊。

つらい花粉

ガッテン!でも紹介されたワセリンで対策。